ご挨拶

浅野 みゆき

 この度、法学部校友会長を拝命いたしました。浅野みゆきと申します。
 北海道函館市出身です。高校生の時に、佐藤功先生の憲法読本やコンメンタールを読んで、憲法に興味を持ち、法学部を目指しました。

 大学の1年生の時は、今は無い、三島L系で静岡県の三島校舎(現在の国際関係学部)で過ごしました。2年生から法職過程に転入し、水道橋の三崎町校舎で学びました。昭和56年に卒業し、昭和58年に司法書士試験に合格。昭和63年に表参道に事務所を構え、開業34年になります。現在、司法書士桜門会の会長も拝命いたしております。

 法学部校友会には開業当時、人脈作りになればと参加しました。様々な世代の方、色々な職種の方達と、同じ法学部出身の仲間として交流し活動をしてきました。最近は、コロナ禍で思うように活動ができない時期が続いてきましたが、色々な工夫をして色々な方法で活動を進めてきました。今年から学部には学生が戻ってきました。学生のいる大学はやはり活気があります。今後も、コロナ禍の状態を見ながらになりますが、学生支援等の活動も進めてまいります。

 法学部校友会は会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを目的とした会です。その使命を再度確認し、今後の活動を進めてまいりたいと思います。なにとぞご支援、ご協力、活動への積極的参加をお願いします。

令和4年5月20日
日本大学法学部校友会
会長 浅野 みゆき

日本大学